ニキビ洗顔で大切なきめ細かな泡

ニキビ洗顔で重要なのは泡

ニキビケア専用の洗顔料を利用している人は多いはずです。 でも、使っているけどあまり効果を実感していない人もいるようです。 それは洗顔料が悪いのではなく、ニキビ洗顔の方法が間違っている可能性があります。 洗顔の基本はきめ細かな泡で肌を包み込むように洗うことです。 小さな泡の一粒一粒が汚れを浮き上がらせてくれます。 しかし、その泡立て方が間違っている人は決して少なくありません。 まずニキビ洗顔で大切なのは手を洗うことです。 手に汚れがあると、いくら洗顔料を泡立てようとしても泡立ちません。 そして、泡立てるときは手のひらの上で空気を含ませるように混ぜていくときめ細かな泡になってくれます。 その泡こそがニキビケアに重要です。

きめ細かな泡がトレンド

実際に現在の市場で売り上げを伸ばしているニキビ洗顔料の共通キーワードとして持ち上がっているのがきめ細かな泡です。 なぜこれほど泡が重視かと言うと、まずしっかりと肌の汚れや古い角質を落としてくれるからです。 ニキビの主因の一つがその汚れや角質であり、それを取り除くことがニキビケアに繋がります。 そしてもう一つ、肌への負担が小さいことが挙げられます。 ニキビとは肌の炎症であり、刺激に弱い状態になっています。 そこに強い刺激を与えてしまったら、ニキビが悪化することがあります。 でも、きめ細かな泡は肌への負担がほとんどありません。 そのため、すでにニキビが出来ている人でも安心して利用することができるわけです。 つまり、ニキビ洗顔料で重要なのは泡です。